京都 爆破予告で1500人避難 京都・宇治市役所と学校

京都府宇治市役所と市内の中学校への爆破予告が届いた問題で、宇治市は7日、予告時刻の午後3時34分前に市役所本庁舎や市立中10校から職員や教員、来庁者ら約1500人を一時避難させた。市立中と立命館宇治中・高は部活動を中止し生徒を下校させたが、いずれの場所で何も起こらず、不審物も見つからなかった。

 同市宇治の市役所では同日午後、庁内放送で一時避難を告知するとともに来庁者にビラを配布。3時からは庁舎への立ち入りを制限し、15分後には職員と来庁者約千人が近くの産業会館などに避難した。庁舎内の点検後、4時ごろに通常業務に戻った。

 市民課などに手続きで訪れた市内の女性(77)は「びっくりした。いたずらだとしたら人騒がせで迷惑」と話していた。市議会も常任委員会を中断した。予告は2日未明にメールで市役所に送られた。