京都 舞鶴事件で無罪の被告に懲役16年 殺人未遂で大阪地裁

大阪地裁は4日、京都府舞鶴市の女子高校生殺害事件で無罪確定後、知人女性(39)への殺人未遂罪などに問われた中勝美被告(67)に懲役16年(求刑懲役25年)の判決を言い渡した。長瀬敬昭裁判長は「めった刺しにしており、殺人未遂の中でも特に悪質だが、被害者は幸い一命を取り留めている」と述べ、被告の無罪主張を退けた。

 裁判員裁判の判決によると、中被告は2014年11月、わいせつ行為をしようと考え、以前働いていたホテルがある大阪市北区の雑居ビルを訪ね、経営者の女性に「服を脱げ」と脅迫。持参の果物ナイフで胸や首を刺して重傷を負わせた。

 判決は、刺し傷が全身にあって深い部分もあることから、被告が否定する殺意を認定。被告の「未払い給与を求めに訪れ、女性がナイフを持ち出した」という正当防衛の主張も「不自然で不合理」と退けた。

//////
<大阪・殺人未遂>67歳無職男に懲役16年判決

勤務先だったホテルで経営者の女性(39)をナイフで刺したなどとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた無職、中勝美被告(67)の裁判員裁判の判決公判が4日、大阪地裁であった。長瀬敬昭裁判長は「命を奪う危険性が極めて高く、凶悪で残忍な犯行」と述べ、懲役16年(求刑・懲役25年)を言い渡した。

 中被告は公判で、女性がホテル内のナイフで先に攻撃してきたとし、正当防衛を主張したが、長瀬裁判長は「不自然で信用できない」と退けた。そして「被害者をおとしめて責任転嫁するような発言を繰り返し、反省がうかがわれない」とした。

 判決によると、中被告は2014年11月5日、わいせつ目的で大阪市北区のホテルに侵入。持参したナイフで女性を脅迫するなどし、首や胸などを多数回刺して1カ月の重傷を負わせた。

 中被告は08年に京都府舞鶴市で起きた女子高生殺害事件で起訴されたが、最高裁で無罪が確定している


//////
舞鶴事件無罪の中被告 女性殺人未遂罪で懲役16年判決 大阪地裁

大阪市内で平成26年、勤務先だったホテルの女性経営者にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた無職、中勝美被告(67)の裁判員裁判の判決公判が4日、大阪地裁で開かれた。長瀬敬昭裁判長は「凶悪で残忍な犯行だ」として懲役16年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 公判で中被告はわいせつ行為を否認し、ナイフで攻撃してきたのは女性の方だと正当防衛を主張したが、長瀬裁判長は被害女性の証言などを踏まえ「被告の方が先に攻撃を加えた。女性がいきなり刺してきたとか、女性が自ら服を脱いで裸になったという被告の供述は、不自然かつ不合理で信用できない」と指摘。性欲を満たす動機でわいせつ行為に及んだと認定した。

 量刑については「ナイフでめった刺しにし、女性に瀕死(ひんし)の重傷を負わせた。犯行の結果は殺人未遂の中でもかなり重い」とする一方、女性が一命を取り留めたことなどから懲役16年が相当とした。

 中被告は20年5月に京都府舞鶴市で起きた女子高生殺害事件で逮捕、起訴されたが、26年7月に無罪が確定した。

 判決によると、中被告は26年11月、大阪市北区のホテルで女性(39)を刺し、わいせつ行為に及ぶなどして約1カ月のけがを負わせた。


//////