京都 認知症疑いで保護の男性、京都市が見失う…2日後搬送

京都市伏見区役所が昨年12月、認知症の疑いがあるとして警察から引き継いだ男性(74)を1人で宿泊先まで向かわせ、その後一時行方不明になっていたことが、市への取材でわかった。男性は2日後、病院に救急搬送されて発見され、大阪市の自宅に戻ったという。

 区によると、男性は12月7日朝、区内の京阪中書島駅で「どこにいるかわからない」と困っていたところを伏見署員が保護。区は昼過ぎ、署から「認知症の症状が認められる」と書かれた書類とともに引き継いだ。職員との面談で「大阪から来た」などのやり取りができ、京都駅近くの簡易宿泊所に泊めて身元を調べることにした。男性が「1人で行ける」と話したため宿泊所の地図とバスの乗車券を渡し、職員が男性をバス停まで送ったという。

 だが、男性は宿泊所に現れず、9日に体調不良を訴えて南区の病院に搬送されて発見された。数日間入院した後、大阪市内の自宅に戻ったという。伏見区の担当者は「結果的に宿泊所にたどり着けなかったことは反省している。認知症の疑いのある人にはより慎重に対応したい」と話した。