京都 免許証の期限を自分で書き替えて運転 無免許運転容疑で48歳トラック運転手を逮捕 京都府警

無免許でトラックを運転したとして、京都府警南署は23日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、京都府久御山町市田の運送会社のトラック運転手、増田幸治容疑者(48)を逮捕した。増田容疑者は期限の過ぎた免許証を自分で書き換えて使っていたという。

 逮捕容疑は今年2月12日午前9時50分ごろ、京都市南区の市道で、無免許で4トントラックを運転したとしている。同署によると、「生活のためだった」と容疑を認めている。

 同署によると、この日、増田容疑者が駐車中の車にトラックを接触させる事故を起こしたことをきっかけに無免許が発覚した。

 増田容疑者は平成23年12月に酒気帯び運転で摘発されたが、「免許証をなくした」と虚偽の申請を行って再交付を受け、2枚の免許証を所持していた。

 平成24年2月に免許取り消し処分となったが、このときは再交付された免許証を提示。もう一方の免許証の有効期限をパソコンなどを使って書き換えて所持していたという。