京都 「フィガロの結婚」リハ華麗 同志社女子大生、20日公演

同志社女子大学芸学部・音楽学科オペラクラスの学生たちによる恒例の公演「フィガロの結婚」が20日、開催されるのを前に、通しリハーサルがこのほど、京田辺市興戸の同大学京田辺キャンパス・新島記念講堂であった。本番の衣装をまとった学生たちが迫真の演技を披露した。

 モーツァルト作曲のイタリア語劇全4幕で、学生生活の集大成として、声楽コース4年生を中心に計約120人が昨年9月から練習を続けている。

 リハーサルでは、オーケストラの演奏に合わせて、化粧をした学生たちが歌劇を繰り広げた。代表の4年山下奈央子さん(21)は「学生が頑張っているというだけでなく、来てもらったお客さんに喜んでもらえるオペラにしたい」と意気込んでいる。

 公演は、20日午後2時から同講堂で。無料。問い合わせは同事務室TEL0774(65)8501。