京都  <新春書き初め会>入賞の46人表彰 松尾大社


松尾大社(京都市西京区)の参拝者を対象に1月2日に開かれた新春書き初め会の表彰式が13日、同大社であった。144人が出品し、入賞した46人に賞状や記念品が贈られた。

 毎日新聞京都面の「毎日紙上書道展」で審査員を務める竹本大亀さん(63)らが1月20日に審査した。竹本さんは「作品から一生懸命に書いたのがひしひしと伝わり、書道に対する気持ちを感じた」と講評した。

 上位入賞者に賞状を手渡した松尾大社の生嶌經和宮司(69)は「今後も研さんし、よりよい作品を書いてほしい」とあいさつした。

 主な入賞者は次の通り。(敬称略)

 松尾大社賞=広瀬亜未、荒川久美子▽毎日新聞社賞=百田美秋、坂田恵子