京都 不倫疑惑の「育休」宮崎議員が12日会見へ

2016年02月12日

京都 不倫疑惑の「育休」宮崎議員が12日会見へ…安倍首相から苦言呈され自ら火消し

京都 不倫疑惑の「育休」宮崎議員が12日会見へ…安倍首相から苦言呈され自ら火消し

女性タレントとの不倫疑惑が浮上した自民党の宮崎謙介衆院議員(35、京都3区)が12日に記者会見する方向で調整していることが10日、分かった。事実関係を自ら説明するという。育児休業取得を宣言した宮崎氏が、妻で同党の金子恵美衆院議員(37、新潟4区)の出産直前に不倫していたとの疑惑に、野党だけではなく与党議員や支持者からも非難が噴出。党からの除名処分もありうるとの厳しい見方もあるなか、宮崎氏が釈明会見で火消しできるか注目される。

 疑惑が浮上した9日のうちに「コメントを出す」と断言しながら、国会では取材を拒否し口を閉ざした宮崎氏。この日も所属する自民党二階派の会合を欠席し国会には姿を見せなかった。夜には妻の金子氏が入院する病院を訪れたが、メディアには無言を貫いた。

 出産6日前の妻をよそに、1月30日から現役グラドルと地元京都の自宅マンションで一夜の逢瀬(おうせ)を楽しんだ疑いが浮上した宮崎氏。“甘利ショック”が冷めやらぬ中で起きたスキャンダルに、この日の国会でも波紋が広がった。

 「育休取得の運動は売名行為だったのか。宮崎氏に育休を与えようという議員は一人もいない」。民主党の安住淳国対委員長代理は記者会見で、昨年12月から国会議員の育休の制度化を訴えていた宮崎氏を厳しく批判。安倍晋三首相は衆院予算委員会で「政治家は自らの行動を律していく必要がある」と宮崎氏に苦言を呈した。公明党の山口那津男代表も「公人としての心得や緊張感を持たなければならない」と強調。与党からも非難の声が出た。

 10日の二階派の会合で同派重鎮の伊吹文明元衆院議長は「できるだけ早く非は非として認め、おわび」すべきとし、火消しに躍起となった。宮崎氏は、金子氏も所属する二階派の幹部と今後の対応を協議、12日に記者会見して釈明することを決めたという。不倫の事実関係を認め、既に金子氏に謝罪したとの情報もある。

 二階派のある議員は「妻の金子さんに対する同情論も強い。みんな表立って言わないけど…。国会議員なら自分でなんらかのペナルティーを科すべき」と複雑な胸中を語った。一方、同派会長の二階俊博総務会長は会合で「問題に遭遇したときこそ、みんなで対応していくべきだ」と話した。

 政治評論家の浅川博忠氏は「本来なら二階さんが先頭を切って処分を決めるべき。だが、派閥を大きくしたいという思いが優先してバッサリと切れない」と所属議員約40人の“お家事情”を指摘。「谷垣幹事長と相談し、1年間の(青年局次長などの)役職停止処分くらいになるのではないか。しかし本人への聴取などの結果、最悪の場合除名処分もありうる」と話した。

 一方、宮崎氏の地元にある自民党京都府連も騒動に頭を抱える。関係者は「こちらに(宮崎氏から)何も説明がないし、市民の怒りの電話が鳴りやまない。近隣の滋賀県からも『今まで自民党を応援していたのに、なにしてんねん』という声があった。国会議員の育休の制度化は支持する声も大きかったのに…。本当に腹立たしい」と話していた。

//////
【妻の妊娠中に不倫】育休議員の女グセ「あれはビョーキ」
男性国会議員として初めて育児休暇を取ると宣言して話題になった自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が、職を追われて“専業主夫”になりそうだ。10日発売の週刊文春に、妻・金子恵美衆院議員(37)の妊娠中に女性タレントを自宅にお持ち帰りしたことをスッパ抜かれた。自民党重鎮は激怒し、宮崎氏の離党も取りざたされる事態に。一方、金子氏と夫婦揃っての謝罪会見のプランも浮上。芸能界のベッキー騒動が永田町に飛び火し“ゲスすぎる”大騒動となっている。

「いつかやると思っていた」――。文春の不倫報道に自民党関係者は一様にうなずき合っている。

 同誌によると、宮崎氏は1月30日に地元選挙区の京都にある自宅で女性タレント宮沢磨由(34)と密会。同4日には宮沢を国会見学に連れ出していたという。宮崎氏は昨年、金子氏と結婚。今月5日に男児が誕生していた。その直前に浮気とはゲス極まりない。

 それだけではない。昨年末に宮崎氏は男性国会議員として初めてとなる育児休暇を取ることを宣言し、世間の注目を集めていた。「国会議員が先例となって率先して育児に参加したい」とさわやかに主張してきたが、党内は冷ややかだった。

 ある自民党議員の秘書は「議員は勝手に休めるから、わざわざ育休を取る必要がない。事務所の男性秘書が育休を取るのを認めるという話なら分かるけど…。宮崎氏はセンスがない」と批判していた。

 宮崎氏は「自民党 男性の育児参加を支援する若手議員の会」の勉強会を立ち上げたが、これについても「イクメンは重要だが、宮崎氏の売名でしかないと分かっていたので、党内では会や論争には加わるべきでないとの見方が大勢でした。フタを開けてみれば言わんこっちゃない。最悪の結果です」と某議員秘書は語る。

 育休は売名と“不倫休暇”をもくろんだものだったのか。9日の本会議に出席した宮崎氏は、釈明を求めて集まった報道陣に声をかけられたが、無言で速足。記者らに「逃げるんですか」「それでも政治家かよ」と挑発されながらも、車で走り去った。事務所スタッフは「何かしらの対応を本人は考えているはずですが…」と恐縮するばかりだった。

 実は宮崎氏の女癖の悪さは、今に始まったことではない。自民党関係者は「前妻は加藤鮎子衆院議員で、宮崎氏の浮気で離婚したといわれている。アイツはキャバクラ嬢とか党の受付嬢とか、女性を見ると片っ端から口説いて回る。もうビョーキなんだよ、あれは」と吐き捨てる。すでに“余罪”の証拠もあるという話もある。

 宮崎氏と金子氏が所属する二階派にも激震が走った。首領の二階俊博総務会長(76)といえば、安倍晋三首相も一目置く党内屈指の実力者だ。

「その二階氏が宮崎氏に激怒しているといいます。そりゃそうです。自民党としては金子氏は大事だけど、宮崎氏なんていなくていい存在だから。このまま自主的に離党するように促されるでしょう。そうなれば宮崎氏は次、落選しますよ」(前出の自民党関係者)

 地元京都でも評判はよろしくない。地元関係者は「実績もなく、パッとしない政治家です。ただ、高学歴で高身長ということで女性にモテることだけが話題だった。次は民主党の泉健太氏が小選挙区で返り咲くのではないですか」と解説する。こうなるとイクメンではなく“専業主夫”になりそうだ。

 不倫相手と報じられた宮沢は身長168センチ、バスト90センチというナイスボディー。自民党関係者が見ても「顔が金子氏と似ている」とあって、宮崎氏のタイプなのだろう。目立った芸能活動はないが、2007年度のミス湘南グランプリに輝いている。

 宮沢を知る関係者は「ミス湘南の審査員を務めており、人間的に立派な方です。歌や楽器などスキルを身につけていて、若い子の指導もでき、仕事面では信頼できる。こういう報道があって驚くばかりです」と言葉もないといった様子だった。

 報道陣からトンズラしたことで宮崎氏の立場はより悪くなりそうだが、早くも起死回生策が練られ「金子氏とツーショットによる夫婦謝罪会見のプランもある」(永田町関係者)。妻が許してくれたという体裁を取ることで、世間の反発を抑えようというわけだ。

 しかし、金子氏に傷がつくようなマネを党が認めるわけがない。「永遠の休暇」が宮崎氏を待っていそうだ。
/////



kyoto00glo at 05:48|PermalinkComments(0)