難関突破へ児童緊張 京都の公・私立中入試始まる

2016年01月16日

難関突破へ児童緊張 京都の公・私立中入試始まる

難関突破へ児童緊張 京都の公・私立中入試始まる


京都府の公立高付属中や私立中で16日、2016年度入試が始まった。小学6年生が難関突破を目指し、緊張した表情で問題に取り組んだ。

 府内では公立4校と私立22校、国立大付属1校であった。京都市左京区の府立洛北高付属中では、定員80人に対し363人(倍率4・54倍)が受験した。穏やかに晴れた朝、児童は正門前で保護者や塾関係者らに励まされ、教室に入った。諸注意を受けた後、開始の合図で最初の科目である文章読解に臨んだ。午後からは面接がある。

 公立は府立園部高付属中が58人(同1・45倍)、府立福知山高付属中が87人(同2・18倍)、京都市立西京高付属中は555人(同4・63倍)が受けた。

 滋賀県では、立命館守山中など私立6校で入試があった。



kyoto00glo at 07:00|PermalinkComments(0)