京都 雨の中の「五山送り火」 広沢池では灯籠流しも

京都のお盆の伝統行事「五山送り火」が8月16日、雨の中、各山で営まれた。

  五色の灯籠が広沢池に流された

 送り火は、お盆に迎えた精霊を送り、無病息災を祈る行事。かつては「い」や「一」といった文字もあったが、現在は「大文字」(左京区・如意ヶ嶽)、「妙法」(同区・松ヶ崎西山、東山)、「船形」(北区・船山)、「左大文字」(同区・大北山)「鳥居形」(右京区・曼荼羅山)の順に点火される。

  同日は夕方から断続的な雨が降り、市民や観光客らも「火は付くのかな」と不安げに点火の時間を待った。
  
  鳥居形そばの遍照寺(右京区)では、読経と共に、赤、青、緑、黄、白の五色の灯籠を広沢池に浮かべる精霊送りの行事「広沢池灯籠流し」が行われた。20時20分過ぎに鳥居形が点火されると、集まったカメラマンらが一斉にシャッターを切っていた。