2019年09月

2019年09月30日

京都の新たなのみの市 「平安蚤の市」 平安神宮近く

京都の新たなのみの市  「平安蚤の市」 平安神宮近く


   京都で「のみの市」と言えば、東寺や北野天満宮などで毎月開かれる、古くからの市を思い出す人が多いと思います。
そんな中、今年度始まった、一風変わったのみの市が若者を中心に人気を集めています。

大切そうに抱えられてきたのは、交通安全のマスコット人形。お値段、3万円。
サンゴのかけらは600円です。
買い求める人たちには、若者の姿が目立ちます。
聞いてみると、「楽しいですね、個性的な店がすごく多いんで」とか「昔使っていた人の歴史を感じるというか、宝探しみたいな、感じ」などと話していました。
今年度から始まった「平安蚤の市」です。
毎月10日前後に開催され、出店数はおよそ140に上ります。
並べられているのは一見するとガラクタのようなものばかり。しかし訪れる人にとっては価値があります。これらは「古道具」と呼ばれています。
出展者は「骨とうまで価値があるものではなく、保証された価値もないし、もっと気軽に買って飾ってとか、使ってもらえるようなものなので」と話していました。
「平安蚤の市」を中心になって立ち上げたひとり、仲平誠さんは、運営側として出店者をサポートしてきました。
仲平さんは、伝統的な「のみの市」とは違い、若手の古物商たちが気軽に出店できるような場所を探していたといいます。
「京都でも北野天満宮の天神市とか、東寺の弘法市とかあるんですけれども、どうしてもベテランの方が中心になっていて、歴史も古いですし、まだお店を始める前とか始めたばかりの人が参加しやすい場所というのが、ちょっと関西には無かったので、作ってみたいと思って作りました」と話してくれました。
市内で古道具を扱う店を経営する仲平さん。
最も重視したのは、出店者へのハードルを下げることです。
区画の広さに応じて出店料を3段階に設定。
一番小さなスペースでは4500円に抑えました。
毎回1か月前からインターネットのホームページで出店者を募集しています。
仲平さんは「明確にホームページで、募集のサイズはこれだけですよ、出店料はこれだけですよ、というような一回きりの出品でも全然いいですよっていう参加しやすい形というのを意識して作ってみました」と言います。
京都だけでなく、全国各地から出店者が集まってきています。
聞いてみると、「きょうは新潟から出店させていただいております。一度にたくさんの方に、目に触れていただける機会っていうのはなかなか地元ではないので」とか、「ほかの所はもう私らがこういうのをやる前から、もうずっとあるものなので、敷居がちょっと高いイメージがあって、スタートからだとちょっと入りやすい」などと話してくれました。

さらに、思ってもいなかった反響もありました。
のみの市が開かれる岡崎公園は外国人観光客にとっての人気のスポット、平安神宮の参道に位置しています。
南米のウルグアイから訪れた人は、「とても素敵な市場だね。そこの神社まで歩いて来たんだけど、たまたま市場を見つけて、結局ここで長時間、過ごしてしまっているよ」と話していました。
仲平さんは、こうした外国人観光客への浸透がのみの市のさらなる発展に重要だと考えています。
仲平さんは「旅の1つの目的になると思うので、それがこの観光地の京都にあったら、絶対海外の方も嬉しいはずなので、海外の方にもアピールできるようにこれからちょっともっと広く宣伝していきたいなと思っています」と話します。
末永く京都に根づくのみの市へと育てられるのか。
客層をさらに広げられるかが鍵を握ります。

仲平さんは、「平安蚤の市」を海外の旅行雑誌にも掲載してもらうなどして、外国人観光客の取り込みを図りたいとしています。


kyoto00glo at 06:12|PermalinkComments(0)

餃子の王将「消費増税はチャンス」持ち帰りや出前に注力

餃子の王将「消費増税はチャンス」持ち帰りや出前に注力


「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは27日、10月の消費増税に伴い、本体価格を据え置き、店内飲食と持ち帰りに異なる税率で販売すると発表した。軽減税率が適用される持ち帰りや出前に注力する。

 持ち帰りは全店で対応しており、注文時に店内飲食か持ち帰りかを店側が聞き取って対応する。消費者にとってはそれぞれの場合で支払額が変わる。持ち帰り容器はこれまで同様、税込みで10円にする。

 同社は「消費増税はチャンス」(渡辺直人社長)ととらえている。ネットで持ち帰りが予約できるシステムを直営店で導入し、持ち帰りのラーメンパックの味を刷新した。食事宅配サービス「ウーバーイーツ」、宅配注文サイト「出前館」を利用した出前の拡大にも力を入れている。増税後に高まる家計の節約志向をにらみ、持ち帰り商品の新開発も検討しており、軽減税率を追い風にしたい考えだ。


kyoto00glo at 06:11|PermalinkComments(0)

京都 京アニ、事件受け感謝イベント中止 犠牲社員のお別れの場設置へ

京都 京アニ、事件受け感謝イベント中止 犠牲社員のお別れの場設置へ


 アニメ製作会社「京都アニメーション」(京都府宇治市木幡)は29日までに、京都市左京区のみやこめっせで11月3、4日に開催予定だったファン感謝イベントの開催を中止するとホームページで発表した。同じ日程で、京都市伏見区の第1スタジオで7月に発生した放火事件で犠牲になった社員35人のお別れの場を京都市内で設けるとしている。
 当初はサイン会や講演会を実施する予定だったが、事件を受け、イベント内容の見直しを進めていた。同社は「アニメーションの世界で1日楽しんでいただける、本来の趣旨にあったイベントを実施できないか検討を重ねていたが、今は難しいとの結論にいたった」としている。
 お別れの会の詳細は、今後ホームページに掲載する。同月9日、10日にロームシアター(同区)で同社が主催する音楽イベントは予定通り開催するという。

/////
京アニ、追悼イベント開催へ 11月3〜4日「お別れの場に」

放火殺人事件で社員35人が犠牲となったアニメ制作会社「京都アニメーション」は29日までに、京都市勧業館「みやこめっせ」(同市左京区)で11月3、4日に開催予定だったファン感謝イベントを中止するとホームページ(HP)で発表した。両日、新たに京都市内でファンを対象にした追悼行事を開く。

 同社は「作品を通して絆をつむいだ皆さんとクリエイターとのお別れの場を設ける」としている。感謝イベントではサイン会や講演会を実施する予定だったが、放火殺人事件を受け、内容の見直しを検討していた。

 追悼行事の詳細は、今後HPで案内する。

/////


kyoto00glo at 06:10|PermalinkComments(0)

京都 東福寺修理現場、京都府教委が見学者募集

京都 東福寺修理現場、京都府教委が見学者募集



 京都府教育委員会は、11月1日に公開する東福寺・常楽庵客殿=京都市東山区=など文化財建造物の修理現場の見学希望者を募集している。同2、3日には、申し込み不要で萬福寺・法堂(はっとう)=京都府宇治市=の修理現場を自由に見学できる。文化財建造物への理解とともに先人の技を目前で実感してもらうため毎年開催している。

 1日は東福寺のほか、本隆寺本堂=京都市上京区▽養源院中門=同市東山区▽妙心寺小方丈=同市右京区−という、いずれも重文建造物の修理現場を公開する。

 東福寺・常楽庵客殿は開山の円爾弁円(えんにべんえん)をまつる同庵の、客の接待用に江戸後期に建てられた建物で、現在は屋根瓦を降ろす作業の真っ最中。

 本隆寺本堂は江戸前期の建立。天明8(1788)年の大火で焼失を免れたことから「焼けずの寺」の異名も。現在は解体修理中で大きな梁が並ぶ光景が見もの。

 養源院中門も江戸前期の建造物で、現在、屋根瓦が降ろされて姿を現した野地板を修理中。妙心寺小方丈も江戸前期に建てられ、こけらぶき屋根のふき替え作業中という。

 自由見学の萬福寺の法堂は説法を行う所。江戸時代中期の建物で、これまで瓦ぶきだった屋根を、創建時のこけらぶきに復元するために屋根瓦が降ろされ、今は野地板の修理が行われている。

 1日の4寺は、午前9時半▽同11時▽午後1時半▽同3時−の4回。定員は各回20人程度。2、3日の萬福寺は午前10時から午後4時まで。拝観料は必要。

 希望者は(1)第2希望までの現場、時間(2)参加者全員の氏名(4人まで)(3)代表者の郵便番号・住所・氏名・電話番号を書き同課のホーページ、はがき、封書で〒602−8570(住所省略可)京都府教育庁指導部文化財保護課(075・414・5896)へ。締め切りは10月17日午後5時必着。


kyoto00glo at 06:08|PermalinkComments(0)

京都・妙蓮寺 フヨウとヒガンバナ、紅白の競演

京都・妙蓮寺 フヨウとヒガンバナ、紅白の競演 


 京都市上京区の妙蓮寺でフヨウが白やピンクの花を咲かせ、赤いヒガンバナとの競演で、訪れた参拝者の目を楽しませている。

 フヨウはアオイ科の落葉低木。直径10〜15センチの花を付け、朝に咲き始め、夕方にしぼんで落ちてしまうと言われる。

 約30年前に境内へ植え始め、山門や本堂周辺に約150本が茂っている。同寺によると、8〜10月の開花期間中、夏場に一度、花が途切れた。執事長の佐野充照さん(64)は「心配していたが、再び開花し始めて安心した。花というのは人の心を癒やすもの。ゆっくり参拝してください」と話している。


kyoto00glo at 06:03|PermalinkComments(0)

京都 海上保安学校で卒業式

京都 海上保安学校で卒業式

 京都府舞鶴市の海上保安学校で卒業式が行われ、200人余りが海上保安官としての一歩を踏み出しました。
海上保安学校では去年10月から1年間、巡視船に乗るために必要な知識や技術などを学んできた229人が29日、卒業式を迎え、1人1人の名前が呼ばれて卒業証書が手渡されました。
粟津秀哉学校長は「きのうより一歩でも成長するために一日を振り返る習慣を身につけて欲しい」と述べて卒業生を激励しました。
来賓として訪れた赤羽国土交通大臣は尖閣諸島周辺で中国海警局の船が日常的に航行し、日本海で北朝鮮漁船が活動するなど、日本周辺の海域は厳しい状況に置かれているとして、海の安全確保や領海警備に万全を期すよう述べました。
これに対し、卒業生代表の梶原暢さんは「体だけでなく心にも制服を着せ正義仁愛の言葉を胸に不とう不屈の精神で務めることを誓います」と述べました。
卒業生たちはきょう付けで海上保安官に任官して、全国各地に配属されます。
舞鶴海上保安部に配属される影山隼人さんは「厳しい現場に不安はあるが立派な海上保安官になれるよう鍛錬したので学校で学んだことを生かして頑張りたい」と話していました。

/////
海上保安学校の卒業式 若き229人の新たなスタート

京都府舞鶴市にある海上保安学校では卒業式が行われ、学業訓練を終えた学生が海上保安官として新たなスタートを切りました。

「頭、右!」

海上保安学校では、1年間の訓練を終えた229人の学生が卒業式に臨みました。
代表が卒業証書を受け取ると、会場からすすり泣く声も聞かれました。

また、式に出席した赤羽一嘉国土交通大臣や粟津秀哉学校長が、激励の言葉を送りました。

【海上保安学校・粟津秀哉学校長】「これより、海の守りにつけ!」
【卒業生】「おー!」

卒業生は全国各地に配属され、保安官の任務につきます。

////


kyoto00glo at 06:02|PermalinkComments(0)

国際情勢 香港で抗議デモ強行、市民と警察が激しく衝突 / 米中貿易の閣僚級交渉、中国の国慶節明けに再開

国際情勢 香港で抗議デモ強行、市民と警察が激しく衝突 / 米中貿易の閣僚級交渉、中国の国慶節明けに再開



 中国建国70年を前に、香港では29日も当局の許可を得ないまま抗議デモが強行され、市民と警察が激しく衝突しました。

 デモの出発地点の香港島の繁華街では、集合時間前から警戒にあたっていた警察と集まってきたデモ参加者が衝突しました。

 警察は催涙弾を発射し、デモ隊を解散させようとしましたが、デモ行進は強行され、デモ隊は政府庁舎に集まり火炎瓶やレンガなどを投げつけました。

 警察はデモ隊の強制排除に乗り出しましたが、一部の参加者が地下鉄の駅やバリケードに火をつけるなど抵抗し、衝突は複数の箇所で続いています。

 中国建国70年を迎える10月1日にも大規模なデモが計画されていて、香港では緊張が高まっています。

/////

米中貿易の閣僚級交渉、中国の国慶節明けに再開

 中国政府は、来月7日に終わる国慶節の連休明けに米中貿易の閣僚級交渉をワシントンで再開することを明らかにしました。

 中国商務省の王受文次官は29日、建国70周年記念イベントの記者会見で、中国の建国を祝う国慶節の連休明けに劉鶴副首相をトップとする交渉団がワシントンを訪れ、13回目となる米中閣僚級交渉を行うことを明らかにしました。

 具体的な日程は明らかにしませんでしたが、「国慶節の連休明け」としていて、早ければ来週にも開催される可能性があります。

 アメリカと中国は今月19日と20日にワシントンで次官級交渉を開催し、次の閣僚級交渉に向けての地ならしを進めてきました。

 米中貿易交渉を巡っては、トランプ政権がおよそ27兆円分の中国製品に対する関税引き上げの開始を来月1日から15日に延期。中国側も大豆や豚肉など主な農産品を報復関税の対象から除外するなど、双方は歩み寄る姿勢を見せています。

 しかし中国の構造改革を巡る両国の隔たりは大きく、交渉は難航しそうだとの見方もあります。

/////

中国・江蘇省でバスがトラックと衝突、36人死亡

 28日午前、中国東部・江蘇省の高速道路で乗客ら69人を乗せたバスが中央分離帯を突き破り、対向車線を走っていたトラックと衝突しました。

 地元警察は36人が死亡、36人が重軽傷を負ったと発表しています。上海にある日本総領事館によりますと、日本人が巻き込まれたとの情報はないということです。

 地元警察は、バスのタイヤがパンクしたことが原因とみて調べています。
/////

世界陸上ドーハ、メダル第1号 競歩・鈴木雄介選手が金

 熱戦が続く世界陸上ドーハ。男子50キロ競歩の鈴木雄介選手(31)が、日本人メダル第1号となる金メダル獲得です。

 3大会連続表彰台の期待がかかる男子50キロ競歩。日本記録保持者の鈴木雄介選手がスタートから飛び出します。異例の深夜スタート、気温31度と厳しい条件の中でも、持ち前の美しいフォームを崩さず歩みを進めます。

 世界陸上では日本史上5人目、競歩界では初の金メダルを獲得。東京オリンピック代表にも内定しました。

 「もっと上を目指して、競歩といったら鈴木雄介と世界の人が思うぐらいの強さを身につけたい」(日本勢金メダル第1号 鈴木雄介)


/////


kyoto00glo at 06:00|PermalinkComments(0)

2019年09月29日

鬼滅の刃:“神作画”の裏側 原作の魅力を最大限引き出す 試行錯誤の連続で…

鬼滅の刃:“神作画”の裏側 原作の魅力を最大限引き出す 試行錯誤の連続で…
鬼滅の刃 北斎00
鬼滅の刃 北斎00 rA


 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」が人気を集めている。ブルーレイディスク&DVDやグッズが好調といい、原作のコミックスもテレビアニメの放送が始まってから、売り上げを伸ばし、累計発行部数1000万部を突破。ストーリー、キャラクターなどさまざまな魅力があるが、中でも“神作画”とも言われる美しい映像が話題だ。“神作画”が生まれる裏側を探った。

 ◇葛飾北斎の浮世絵にある波をイメージして動かす

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、凶暴な鬼に変異した妹の禰豆子(ねずこ)を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載中。テレビアニメは、「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」「活撃 刀剣乱舞」などのufotable(ユーフォーテーブル)が制作。ufotableの作品は、これまでも美しい映像に定評があったが、「鬼滅の刃」では特に戦闘シーンの美しさが際立っている。

 炭治郎が攻撃の際に繰り出す「水の呼吸」の表現は浮世絵のようにも見え、とにかく美しい。中でも話題になったのが、炭治郎がヒノカミ神楽の呼吸で強敵に立ち向かった第19話「ヒノカミ」で、SNSで「神回」「神作画」などの絶賛の声が多く見られた。アニメを手がけるアニプレックスの高橋祐馬プロデューサーによると、戦闘シーンは試行錯誤の連続だったという。

 「炭治郎が繰り出す水の呼吸のアニメ表現を見た時、子供の頃に感じたような、マンガがアニメになるワクワクと喜びを強く抱いたのでうれしかったです。逆に言えば、あの表現を作られるスタッフの皆さんは本当に大変で、アニメ『鬼滅の刃』は、マンガに真摯(しんし)に向き合うすごい映像力の連続です。水の呼吸の映像は、作画と3Dのハイブリッドで制作されているのですが、現在の表現に至るまで監督とスタッフが動きやビジュアルについてアイデアを出し合い、何度も試行錯誤を重ねて作られています。あの表現は『葛飾北斎の浮世絵にある波をイメージし、それを動かす』というコンセプトなのですが、言うは易(やす)く行うは難しで、初めて見たアニメ表現だったので驚きました」

 ◇努力をあらゆる作業で一切惜しまない

 アニメ「鬼滅の刃」は細部までこだわり抜いて制作されている。高橋プロデューサーは「『最高の鬼滅の刃を作る』が全ての指針です。原作が非常に面白いので、『鬼滅にとって何が良いのか』『どうすれば鬼滅の魅力を最大限引き出せるのか』にスタッフ、キャストが真摯に向き合っています」とも話す。「最高の鬼滅の刃を作る」ために何度もやり直すこともあるという。

 「例えば、第1話で冨岡義勇が叫ぶシーン(『生殺与奪の権』を炭治郎に問うシーン)は、当初、一度作画を終えて色を着けてみたところ、原作の迫力から少し遠かったため、なぜそう感じるかをさまざま検討した上で、輪郭の作画の濃淡や色合いなどを何度も何度もやり直し今の迫力ある映像に至っています。そうした努力をあらゆる作業、映像も音楽も声も全てで一切惜しまず、アニメ制作が進んでいます。本編BGMは、毎話ごとにフィルムスコアリング(映像に合わせて音楽を作る手法)です」

 アニメは9月28日放送の第26話「新たなる任務」でついに最終回を迎える。最後まで、高橋さんの「初めて見たアニメ表現」で驚かせてくれそうだ。

/////
https://mantan-web.jp/article/20190927dog00m200029000c.html
/////

2019年05月06日
アニメ質問状:「鬼滅の刃」 水の呼吸で初めて見たアニメ表現 マンガがアニメになるワクワクと喜びを


話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」です。アニプレックスの高橋祐馬プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 「週刊少年ジャンプ」にて連載中の「鬼滅の刃」を原作としたテレビアニメです。主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼になってしまった妹の禰豆子(ねずこ、「禰」は「ネ+爾」が正しい表記)を人間に戻すためさまざまな困難に立ち向かい成長していく物語が、少年マンガの王道の熱さと共に、時に切なくも描かれます。アニメーション制作は「テイルズ オブ」シリーズや「劇場版「Fate/stay night[HF]」などを手がけられたufotable。マンガの魅力を最大限に描き出したアニメ、一行で言うと「めちゃくちゃ面白い、毎週ワクワクできるアニメ」です!

 --アニメにするときに心がけたことは?

 アニメとして「最高の“鬼滅の刃”を作る」が全ての指針です。原作が非常に面白いので、「鬼滅にとって何が良いのか」「どうすれば鬼滅の魅力を最大限引き出せるのか」にスタッフ、キャストが真摯(しんし)に向き合っています。

 例えば、第1話で冨岡義勇が叫ぶシーン(「生殺与奪の権」を炭治郎に問うシーン)は、当初、一度作画を終えて色を付けてみたところ、原作の迫力から少し遠かったため、なぜそう感じるかをさまざま検討した上で、輪郭の作画の濃淡や色合いなどを何度も何度もやり直し今の迫力ある映像に至っています。そうした努力をあらゆる作業、映像も音楽も声も全てで一切惜しまず、アニメ制作が進んでいます。本編BGMは、毎話ごとにフィルムスコアリング(映像に合わせて音楽を作る手法)です。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 炭治郎が繰り出す“水の呼吸”のアニメ表現を見た時、子供の頃に感じたような、マンガがアニメになるワクワクと喜びを強く抱いたのでうれしかったです。逆に言えば、あの表現を作られるスタッフ皆さんは本当に大変で、アニメ「鬼滅の刃」は、マンガに真摯に向き合うすごい映像力の連続です。水の呼吸の映像は、作画と3Dのハイブリッドで制作されているのですが、現在の表現に至るまで監督とスタッフが動きやビジュアルについてアイデアを出し合い、何度も試行錯誤を重ねて作られています。あの表現は「葛飾北斎の浮世絵にある波をイメージし、それを動かす」というコンセプトなのですが、言うは易(やす)く行うは難しで、初めて見たアニメ表現だったので驚きました。

 また、例えば炭治郎や義勇たちの衣装の模様が当たり前のように自然に動いているのも作画で一枚一枚丁寧に描かれているからこそなので、そうした一つ一つの積み重ねを含め、物語やキャラクターたちを楽しんでもらえたらうれしいです。

 --今後の見どころを教えてください。

 「毎週面白い!」ことです。鬼殺隊に入隊した炭治郎が、第6話以降、初の任務に向かいます。敵である新たな鬼との対峙(たいじ)や味方との出会いを通して描かれる物語は、良い意味で第5話までよりさらに面白いです。週刊少年ジャンプの一ページ一ページを毎週ワクワクして読むのと同じ楽しい時間をお届けしますので、ぜひご覧ください。

 --ファンへ一言お願いします。

 テレビアニメ「鬼滅の刃」は、2クール、全26話でお届けします。毎話、見どころや新たな展開が詰まっていますので、9月末まで、ぜひ、炭治郎たちの物語を楽しんでいただければうれしいです。オープニングに出ているキャラクターたちがいつ登場するかにもご期待ください! 善逸と伊之助、めっちゃいい感じですよ!
/////


kyoto00glo at 06:30|PermalinkComments(0)

京都府立植物園 野外で彫刻を楽しむ企画展

京都府立植物園  野外で彫刻を楽しむ企画展


野外で美術鑑賞を楽しんでもらおうと京都市左京区の京都府立植物園できょうから企画展がはじまりました。これは屋内で展示されることが多い彫刻作品を野外で楽しんでもらおうと毎年この時期に開かれています。51回目を迎えたことしは京都彫刻家協会に所属する作家など51人の作品が京都府立植物園内のいたるところに展示されています。石や土など様々な素材で制作された作品はどれも作家のこだわりが凝縮されています。また若い世代の作品も見てもらおうと大学生が招待作家として作品を出品しています。「京都野外彫刻展」は来月14日まで京都府立植物園などで開かれています。


kyoto00glo at 06:17|PermalinkComments(0)

京都 光秀の見た夢-幻想的に桔梗紋舞う 福知山城一帯で光のイベント

京都 光秀の見た夢-幻想的に桔梗紋舞う 福知山城一帯で光のイベント




京都府福知山市内記一丁目の福知山城一帯を光で彩る「福知山イル未来と2019」が取り組まれている。LEDライトでの投光やプロジェクションマッピングでの映像投影などがあり、初日の27日は多くの人たちが訪れ幻想的な雰囲気に浸った。28日までの2日間限定。福知山青年会議所主催、両丹日日新聞社など後援。

 福知山城への夜間の観光客を増やし、まちの活性化につなげようと昨年に続いての開催。今年も城・天守閣へ上る道沿いの石垣や城下にある親水公園の樹木などを約50基の投光器で照らしている。

 目玉の催しとして、城近くのゆらのガーデン中央の芝生広場で、プロジェクションマッピングを実施。コンテンツ企画・制作会社、ピクセルエンジンLLCの三谷正代表が作った映像を投映した。

 映像は「光秀の見た夢~ゆらのガーデンを夜の巨大な渚に変える」のテーマで、波が打ち寄せる様子や幾何学模様、福知山城を築いた明智光秀の「桔梗紋」、福知山の市章などが次々と映し出されていった。

 遠くから映像に見入ったりする人たちのほか、芝生に投映された映像を追いかける子どもたちもいた。

 三谷代表と福知山公立大生、京都府立大生が協力して制作したプロジェクションマッピングもあり、ガーデン内の店の壁などを使って風船が空に上がっていく映像などを映している。

 このほかガーデンのコンシェルジュゲートをくぐってすぐの芝生には、桃映中学校生徒たちが紙で桔梗紋をかたどって作ったイルミネーション約150個も置いている。

 28日は午後6時から10時まで開く。入場無料。

/////

明智光秀の巨大砂像お目見え 石川から京都へ砂8トン運び、クリエイターが制作

亀山城を後にした光秀が、今にも出陣しそう―。亀岡を題材にした「巨大砂像」がこのほど、京都府亀岡市本梅町の宿泊施設「京都烟河(けぶりかわ)」でお目見えした。地元ゆかりの戦国武将・明智光秀や市内の観光名所などが砂像のぐるりに精巧に表現され、訪れた人たちを楽しませている。



 制作したのは、石川県羽咋市在住の砂像クリエイター古永健雄さん(49)。地元の浜の粒子が細かい砂を生かし、全国の観光地などで作品を彫刻・展示している。亀岡市外からも多くの利用がある同施設が、地域を盛り上げたいと依頼した。
 古永さんはまず、運び込んだ約8トンの砂を木の枠に固め、ピラミッド状に積み上げた。設計図はなく、彫刻は一発勝負。ナイフやへらで上段から潔く削り、石垣の上にそびえ立つ亀山城天守や、りりしい光秀を彫った。
 側面にも、京都サンガFCの選手や、市のマスコットキャラクター明智かめまる、保津川下りなどを彫刻。1週間かけて、高さ約2・5メートルの像に「亀岡の今」を盛り込んだ。
 古永さんは「羽咋の砂で亀岡をPRするとは面白い。360度から見て楽しんで」と呼び掛ける。砂像はエントランス横のスペースに約1年間展示する予定。
/////


kyoto00glo at 06:16|PermalinkComments(0)